toyoshi

日記です

歯列矯正が終わった(矯正器具が外れた)

2019年5月から歯列矯正をしていて2021年8月に矯正器具が外れました。結構お金がかかったのと、私も始める前に色々情報をネット調べたので、今後検討している人のために主に私が事前に知りたかったことや、意外だったことについて記録を残しておきます。

前提

  • 38歳男性
  • 状態は、下の前歯がガタガタ、上の前歯の左右の歯が後ろに下がっており、1本は噛んだ時に下の歯より後ろになるぐらい
  • 上が裏側矯正、下は普通の矯正

事前に検討したこと

  • マウスピース矯正は結構ベンチャーがやり始めていたりしたが、私の場合は状態が悪いので採用できなかった。軽度の人は検討すべき選択肢だと思う
  • どこの医院がいいかは、裏側矯正をやっているところを絞り、通いやすい場所にある2つに訪問した。1つ目のところはあまり話を聞いてもらえない感じがあり、2年以上付き合うのはきついなと思い、2つ目のところが気が合いそうな院長だったのでそちらにした。2〜3週間に一度通う必要があるので予約の取りやすさなども考慮した方がいいと思います。私のところは結構混んでいて人気の時間は予約が取りにくかったです。

調べて歯医者に行ったつもりだったがわかってなかったこと

  • 面倒になったらといって途中ではやめれない。歯列矯正では正常な歯も含めて全体をずらして歯を整列させ、その後再度全体を動かして噛み合わせを調整するような流れでやるので途中でやめることは普通はできない。
  • 矯正器具が外れても矯正は終わらない。矯正器具が外れた後も、矯正器具をつけていたのと同じ期間ぐらいはマウスピースやリテーナーと呼ばれる器具を日中や夜間につける必要がある。また噛み合わせを調整するために過去の詰め物を作り直す必要も出てきて、そこでさらにお金がかかる。(セラミックなら1本5万円など)
  • 矯正を始めたからといってすぐに矯正器具がつけてもらえるわけではない。親知らずや虫歯の治療がある。特に親知らずは他の歯を押すことがあるので要対応。私も2本埋まってるものを抜いた。
  • 最初には決まらない費用がそれなりにある。3週間に1度程度通う必要がありその都度4000円弱かかる。さらに私の場合はインプラントのアンカーが2本で2万円、強制終了後の噛み合わせの調整で30万円かかるなどした。
  • 上手に話せなくなる、食べれなくなる期間が発生する。痛いと言うのは聞いていたが、歯が噛み合わないため呂律が回らない期間や、固形物が食べられない期間というのが2〜3ヶ月程度ありました。特に私の場合は、(説明が難しいのですが)上の歯が1本、下の歯より後ろにいってしまったので、それを前に出すときには奥歯に詰め物をして下の歯を越えさせる必要があり、その3ヶ月ぐらいはパスタ、こめ、ラーメン、うどんなどを噛めないという期間がありました。気がつかずに最初に行ったのがCoCo壱で、ほとんどの米をそのまま飲み込んだ時の絶望は思い出すだけでもお腹が気持ち悪くなります。かなり精神的に辛かったです。また、上手に話せない期間というのもあり、初対面の人と会うのはかなり苦痛でしたし、英語の発音練習は諦めました。
  • 裏側矯正だと舌が痛い。上の歯を裏側矯正にしたのですが、たまに舌を傷つけることがありました。矯正器具に気がつかれにくいのでメリットの方が勝っていると感じましたが嫌でした。

その他、印象的だったこと

  • 他人はそれほど私の歯並びを気にしていない。矯正を開始してから周囲の人には会うたびに話しましたが1/3ぐらいの人は「悪かったけ?」みたいな反応だったのが意外でした。あとは「いいね〜私もしたい」みたいな感じで優しい反応でありがたかったです。
  • 矯正器具に食材が吸われる。矯正器具はワイヤーを引っ掛けるため複雑な形をしており食材によってはほとんどが器具に挟まり味わえないということがありました。特に栗きんとん、ウニ、カラスミなどは食べてもほとんどが矯正器具に挟まり味わうことができませんでした。
  • コロナ禍のおかげで気にしない期間が長かった。ほとんどの期間をマスクをして過ごしたので他人の目を気にしないで済んだのはよかったです。
  • 顔の輪郭が変わった。歯並びが悪いことによって下顎が前にいっていたらしいです。口を閉じたときに唇の両脇が少し膨れるので、そういう顔だと思っていたのですが、それが歯並びのせいだとは驚きでした。
  • 食事と歯磨きがしやすくなった。これは当然ですが、見た目のことばかり気にしていたので驚きでした。前歯でしっかり噛むことができるようになり食事の楽しみが増えました。また歯磨きも以前はガタついたところは横から歯ブラシを当てる必要があったのですが手間がかなり減りました。

最後に

時間と費用はかかったがとてもよかったです。本当は何年も早くやりたかったのですが、会社を経営しており、その会社をやっているうちは外見に手を入れないと決めていたので辞めたこのタイミングになりました。(仕事でうまくいかないことを外見に求めるようになるのが怖かった)

最初は見た目を改善することだけを考えていましたが、結果として噛み合わせがよくなり、食事が楽しくなり、歯の健康も維持しやすくなったためトータルではとても良い出費だったと思います。