好きなチームものの映画を分類した

チームで力を合わせて力を発揮する映画が好きなので分類した。特に好きなものについて紹介する。

f:id:toyoshi:20180926211156p:plain

A 全員凄いけどさらにチームになって最強になるパターン

もともと一流の人たちが力を合わせてさらにすごいことをするのがこのパターン。感情移入はしにくいものの「こいつらが力を合わせたらどうなってしまうのか見てみたい」というワクワクがある。

アベンジャーズ

サノスという最強悪人から地球を守る映画。そりゃわくわくするよね。映画で連続ドラマやってるようなものだし。

ぼくらの七日間戦争

子ども達が工場に立てこもる話。見たのが昔すぎてちょっと記憶が曖昧だけど、各自は別に落ちこぼれではないのだけど学校や親への反抗から力をあわせるのが小・中学生の頃に体験してすごくよかった。

ぼくらの七日間戦争

ぼくらの七日間戦争

B 各自特殊な能力はあるけれど、一人では活躍できない

才能や能力は普通の人以上だが、工具や文具のようにそれ単体では主人公にはなれないような人たちがチームになって大きなことを成し遂げるパターン。

グレイテスト・ショーマン

サーカス発祥の話。小人症や、女性なのにヒゲが生えてる、めちゃくちゃ背が高いみたいな異常とされる人たちがサーカスという形でまとまることで大きな価値を生み出すという作品。短所を長所にするという点でとても勇気がわく

猿の惑星 創世記

猿が協力して脱出する話。チンパンジー、オランウータン、ゴリラなどの猿の特徴が活かされてる。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

マイナーなマーベルヒーローが力を合わせる話。宇宙のはみ出し者らがチームプレーで大きなことを成し遂げるところにグッとくる。冷静になると各自かなりスキルは高いんだけど作中では落ちこぼれという設定なのでこの枠。

C ダメなやつらが集まってなんか成し遂げる

一番好きなパターン。もう才能とかスキルとか全然ない人たちが歯を食いしばったらなんかできたっていうパターン。

がんばれ!ベアーズ

オールタイムベストの作品の一つ。本当にダメな人たちが野球をやってエリートチームと優勝を争う話。どれぐらいダメって言葉が通じない人がチームの中にいるレベル。最後の監督の采配のところは何度見ても涙が出てしまう。常に自分はチャレンジする側であるベアーズの一員だし、誰かくすぶっている人がいるときは自分がベアーズの監督のように振る舞いたいと思う。

スタンドバイミー

死体を探しに行く話。これほどいろんなことを真似したくなる映画って他にあります?

グーニーズ

海賊船を探して借金を返す話。子どもの頃に見て私の「映画ってこうじゃなくっちゃ」の基準になってる作品。私も小児喘息を患っていたというのもあるが、主人公が喘息持ちという弱い設定もよい。悪い敵、お宝発見、ピンチ、逆転、全てを失ってからのおまけなど映画のワクワクが全て詰まってる。

グーニーズ [Blu-ray]

グーニーズ [Blu-ray]

おわりに

皆さんはどのパターンの映画が好きですか。私が見たことがある・思い出せた映画はこんなものですが、皆さんの好きなチームものについてもぜひ教えてください。