オリジナルキーキャップをノベルティとして配布するときの知見

スポンサーとして参加したRubyKaigi2017のブースではオリジナルのキーキャップ(キートップ)を配った。
絵柄は会社のロゴと、Rubyのロゴ、そして寿司だ。イベント初日に用意していた500個近くのキートップの大半がなくなってしまったので好評だったように思う。

配付中は
「なぜこんなものを作ろうと思ったのか」
と何度か聞かれた。エンジニアなりの"インスタ映え"を考えてアイデアが出てきて、企画の中心にいた私とmzpがキーボードが好きだったからという感じだ。(配布する直前までブース訪問者に受け入れられるか結構不安だった)

もしかしたら他にもやって見たいと思う人がいるかもしれないので知見を残す

作ってくれる店

WASD Keyboards Custom Art Cherry MX Keycaps - Printed Keycap Singles - Products
というところで注文した。10日以内に届いた。

ボリュームディスカウントがある

100個ぐらいからボリュームディスカウントがあるので問い合わせると(かなり大胆に)割引がされる。

Cherry MX to Topreのコンバーターがある

Cherry MX用のキートップなのでHHKBやRealforceなどではそのままでは使えない。
今回は用意しなかったが一個数十円なので用意しておくとよりたくさんの人に喜んでもらえる

www.ebay.com