toyoshi

日記です

factorioをクリアしました

f:id:toyoshi:20201023164459p:plain

ロケットサイロ。ここからロケットを飛ばしたらクリア

以前からゲームの存在は知ってはいたのですがやったら仕事ができなくなるとわかっていたので我慢していました。今回正式版が発売されたということで遊んでみました。


Factorio - Trailer 2020

このゲームはある星に不時着した主人公が様々な素材を収集して加工し最終的にロケットを飛ばして星を脱出するのが目的というシンプルなゲームです。

やり方は簡単でロケットを飛ばすためにロケットサイロとロケット部品が100個必要なのでそれを集めるだけです。ロケットサイロを作るには、鋼材1,000個、コンクリート床1,000個、鉄パイプ100個、制御基板200個、電気エンジンユニット200個が必要です。そしてロケット部品100個を作るには軽量化素材が1,000個、ロケット燃料が1,000個、ロケット制御ユニットが1,000個必要です。

全ての部品の作り方を説明すると長くなりすぎるので電子基板という名前の部品に絞って説明しますと、電子基板はサイロとロケット部品を構成するパーツでは制御基板200個と電気エンジンユニット200個とロケット制御ユニット1,000個に使われています。制御基板1個には電子基板20個と発展基板2個が必要で発展基板を作るには電子基板が2個必要なので制御基板200個作るには4,400個の電子基板が必要になります。電気エンジンユニット1つには2個の電子基板が必要なので、電気エンジンユニット200個には400個の電子基板が必要です。ロケット制御ユニット1個には制御基板1個と生産速度モジュール1が必要で生産速度モジュール1には電子基板5個と発展基板5個(発展基板1個には電子基板2個が必要)なので、ロケット制御ユニット1,000個には39,000個の電子基板が必要になります。合計で43,800個の電子基板が必要になります。

そして電子基板1個作るのには鉄板1個と銅線3個が必要で、銅線には銅板3個が必要です。銅板は銅鉱石、鉄板は鉄鉱石から1:1で作れるので、ロケットを飛ばすのに必要な電子基板を作るには43,800の鉄鉱石と131,400の銅鉱石を採掘するといった具合です。

材料には他にも木材、石油、石などがありそれらを組み合わせて、採掘や加工や運搬を自動化します。

デモ版ではチュートリアルをかねたシナリオモードがいくつか遊べます。このゲームの魅力を知るには十分ですし、これだけでもとても面白いのでぜひ。

store.steampowered.com

おまけ

今回ロケットを飛ばした後の状態です。今思えばもうちょっと全体的に広く作っておくべきでした。銅の供給ラインが細いので銅線がつくれない銅線が作れないから緑基板が間に合わないというのに苦しめられました。

f:id:toyoshi:20201023172222p:plain

f:id:toyoshi:20201023172226p:plain