toyoshi

日記です

obnizでスマート農業、水やり自動化の準備

f:id:toyoshi:20200120121512j:plain

ビニールハウスの水やりの自動化をしたいという相談を受けてお手伝いをしています。現状は人がビニールハウスに行って毎日水をやっているとのことで、それを無人化できたらなあという課題です。スプリンクラーの設備はあったので蛇口を自動で捻ることができさえすれば良さそうだったので試作してみることにしました。

完成形

  • 遠隔で水やりができる
  • 水やりの様子が確認できる
  • タイマーをセットしておくと決まった時間に自動でできる
  • スプリンクラーは8列あり、それぞれの列に別々の水やり時間を設定したい(作物が違うので)

とりあえず試作

今回はスマホから1つの電磁弁を手動操作というところまでやりました。

まずネット経由の制御にはobnizを選びました。価格だけで考えるとESP32やラズパイZeroの方が優れています。しかし、遠隔操作をするにはどうしても別途インターネットに繋がったサーバが必要になるため、その管理コストも含めるとクラウドサービスと一体となっているobnizが最適だと考えたからです。

あとはobnizと電磁弁の間に8chのリレーモジュールを入れました。電磁弁が5Vでは動作しないためです。

電磁弁は12Vで動作するものを使っています。3500円ぐらいでした。交流で動作するものだともう少し安いのですが、交流を扱うことはしたことがないので採用しませんでした。

obnizのコード

f:id:toyoshi:20200120123202p:plain

とりあえず1つ動作させるだけなのでブロックプログラミングで実現しました。入力ミスなどを考慮しなくていいので楽ですね。

できたもの

f:id:toyoshi:20200120123358j:plain

こんな感じの画面で操作します。

結構音が大きいですが屋外で使うので問題ないです。

電磁弁は動作が高速な反面、その構造上水流を遮る部分が大きかったりするので、単にボールバルブを電動化した電動ボールバルブなども後で試してみたいなと思います。

まとめ

さすがobnizというスピード感で1時間以内でできました。これがラズパイなどでやろうとすると、OSをいれて、ネットに繋いで、開発環境を作って、外部からアクセスできるサービスを立ち上げて、スマホのUIを作ってと私なら1日はかかるところです。

次のステップ

  • 8つの電磁弁を動作させてみる
  • 電磁弁でいいのか、電動ボールバルブがいいのかなど現地で検証してみる

使ったもの