toyoshi

日記です

iPhoneのNFCタグ読み取りとobnizで電動シャッターの遠隔操作装置を作る

iPhone11から[ショートカット]という標準アプリでNFCタグを読み取って、様々なiPhoneの機能を呼び出すということができるようになりました。(参考:iPhoneをかざすだけでオートメーション発動 NFCタグとショートカットで作業効率が爆上がり | reliphone)そこで私も何か作ってみたいとやってみました。

NFCタグを読み取ってAirPodsiPhoneをペアリングさせる

iPhoneの出力先を明示的に指定したい場合があります。例えばAirPodsに繋げたい、車のオーディオに繋げたいという時です。今回はAirPodsのケースにNFCタグをつけておき、それを読み込むとペアリングがされるようにしました。

電動シャッターの遠隔操作をする

家ではリモコン式の電動シャッターを使っているのですがリモコンを持ち歩くのが面倒なのでなんとかしたいと思っていました。そこでNFCタグを読み込んだらリモコンを遠隔操作できるようにします。

コード

f:id:toyoshi:20191010215622p:plain

単純な内容なのでブロックプログラムで書きました。これを書いたらWebhookとして公開するだけです。

動作

あとはNFCを読み取ったら上記のWebhookのURLにアクセスするだけです。Safariは開きたくなかったので[URLのHeaderを取得]というアクションにしました。

改めてobnizって便利だなと感じました。これを普通のマイコンで自力でやろうとするとiPhoneからの命令を受け取るサーバを用意しなくてはならないのが、obnizのサービス上にコードをおいてWebhookとして公開できますし、サーボが直差しで動き、ライブラリが用意されていれば難しいことを考えずに制御できるのも結構すごいことです。(参考

obnizは本体が5,000円ぐらいするのとライセンスが1,500円/年かかりますが、サーバを立ててメンテすることを思うと安いです。

まとめ

NFCの他の活用方法としては

  • ルンバに貼り付けておいてかざしたらルンバアプリを起動
  • タニタの体重計に貼っておいて、体重計アプリを起動
  • テレビのリモコンに貼っておいて、リモコンアプリを起動
  • コーヒー機器に貼っておいていつものタイマーを起動
  • 出張カバンに貼っておいて、出張の持ち物リストを表示
  • ルーターに貼っておいてルーターアプリ起動

などが考えられます。普段やってる「今やってる行動と紐づいたアプリを探して起動する」という頭の動きをスキップできる素敵な機能です。とても便利なものなので他にも活用方法を探っていきたいと思います。