最近のコーヒー環境2018

f:id:toyoshi:20180317105951p:plain

最近のコーヒー環境 2016」から1年ちょっとたったので最新のアップデートを記録しておく。

変わったこと

淹れ方とか器具を以前は工夫してたけどどうでもよくなってきた。それより焙煎からの時間、微粉の量、お湯の温度が重要なので日々飲む分には適当な淹れ方でやっている。一番変わったのは挽いた豆をふるいにかけるようになったこと。

焙煎からの時間と微粉が味に一番影響する。



味に影響する要素(調査:私の主観2018)


当たり前だが豆の種類と焙煎からの時間が味を一番決めるので、焙煎しているところで買ってきて二週間以内に使い切ることが大事。
そして微粉の量も味に大きな影響を与えるので、おかし作り用の古いで微粉を捨てるようにしている。これで味がめちゃくちゃ安定するようになって心の平穏を得た。

微粉を捨てることで雑味や渋みがすごく減る。気分によって微粉は捨てなかったりする。電動のカットミルを使うと微粉はかなり減るのでこの工程はいらないかもしれない。私の場合は仕事場にはカットミルを置いているが自宅では臼のハンドミルを使っているので自宅では必要な工程だ。

ふるいにかけた味が好みかどうかはともかくとにかく安定するようになるので、安定しないことで悩んでいる人は試す価値はある。

抽出のやり方の違いはそんなに気にしない

抽出方法は上記の影響に比べるとなんでもないので気にしなくなった。1分蒸らしたらウェーブドリッパーに1回目は少なめにお湯を淹れて抽出して、2回目、3回目は並々とお湯をいれて終わり。量が足りなくても4回目とかは苦味が出そうなので単にサーバーの方にお湯を足して調整している。

余裕があればお湯の温度を下げる

湯の温度は低いほうがスッキリした味になる。初めて買ってきた豆の時や、朝余裕があるときは80度にお湯の温度を下げて抽出する。そのあと熱湯をコーヒーに足して飲む。

豆の買い方

岐阜に行った時にYAJIMA COFFEEで買う。それが切れたら近くの店で丸山珈琲の豆を買う。
他にも岐阜や名古屋はコーヒー焙煎しているところがいっぱいあってとても良い