読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIGMA dp2 Quattroを買った

SIGMA dp2 Quattroというカメラを買った。中古で6万円。

dp2 Quattroを初めて知ったのは去年。子どもが幼稚園に入ったので「いいカメラ」を探して情報を集めていて下記の記事を読んだ時だ。

srdk.rakuten.jp

この記事を読むまでは「フルサイズ買えばいいのかな?」ぐらいにしか思ってなかったのだけど、それはやめてGR IIを買った。GR IIはすごくいいカメラでこの1年カメラが楽しかった。動きの速い子どもを撮るのは難しかったが、それでも数枚に1枚バシッときれいに撮れているのがとてもよかった。

その後、カメラが欲しい、レンズが欲しい、あれもこれも欲しい(上記記事を書いた方のブログ)を読んだり、CASE OF SIGMA | 実写インプレッションTOP | -photo.yodobashi.com-の写真がすばらしくて驚いたりするなかでdp Quattroが欲しくなってきて、今回の購入に至った。

dp0,1,2,3のなかで2にしたのはGR IIが28mmなので同じぐらいのdp1じゃないほうがいいな、でも0と3は初心者には難しそうだな。という消去法である。

1日持ち歩いた



Untitled by ryuichiro toyoshi on 500px.com


日陰の花のしっとりした感じがそのまま残せる。花びらの質感がいいですね。



SDIM by ryuichiro toyoshi on 500px.com


公園の多肉植物

拡大すると産毛が1本1本写っている。鉄の錆の部分も見たままだ。産毛が撮りたいわけではないが記録されてるとうれしい。

f:id:toyoshi:20170315084217j:plain

見上げて撮って見て、緑色ってこんなにあるんだなあと感じても楽しいし、

f:id:toyoshi:20170315083456j:plain

下に目を移して芝生の数を数えるのも楽しい。

f:id:toyoshi:20170315080821j:plain

子どもの髪の毛だって1本たりとも逃さない。

f:id:toyoshi:20170315094217j:plain

建物を撮ってみれば、バキッ!と本物より直線が美しい。これもオリジナル画像ではそれぞれの窓のブラインドの1本1本が数えられる。

感想

初日から「おおー」となるような写真がたくさん撮れて楽しかった。期待していたとおりのカメラで今はすごくたのしい。RAW現像をしたのは今回が初めてだったので今後いろいろ勉強しながら上達していきたい。
(はてなブログにアップすると少しボケるのでいいアップの方法もしりたい。)