PDFの差分取得ツール「dproofs」がシンプルで便利

f:id:toyoshi:20130502065012p:plain

PDFで仕様や指示のファイルを貰うが、どこが変更されているのかわからない時や、同名の2つのPDFがあった場合どちらが最新のものかわからないなどの悩みを解決するのが株式会社ニューキャストが5/1より始めたdproofsです。

使ってみる

無料期間、フリープランがあるのでまずは登録。そしたらプロジェクトを作ってPDFをアップしてみる。

f:id:toyoshi:20130502065654p:plain

今回アップするのは下記のような請求書PDF

f:id:toyoshi:20130502065548p:plain

これをアップしたらこっそり請求額などを変更してみる

f:id:toyoshi:20130502065630p:plain

そして、再登録

f:id:toyoshi:20130502065710p:plain

すると差分のPDFがダウンロードを取得できるので、それを開いてみる

f:id:toyoshi:20130502065738p:plain

見事差分が取得できている。
文字の変更だけでなく、右上の印影などの画像部分の差分もとれているのがポイントですね。

要望

  • 追加アップロードはドラッグ・アンド・ドロップの方法しかない?最初やりかたがわからなかった
  • 難しそうだけど差分が発見された箇所の数がわかるとうれしい

まとめ

地味だけどシンプルで好みのサービス。デザイナさんなどはとても重宝するんじゃないでしょうか