Pivotal Trackerでの顧客の仕事

顧客がすることは2つだけです

  • ストーリー・バグ報告を作成する
  • ストーリーが要求どおり実装されたか確認する

顧客(開発者でもよい)がストーリーを作成します

f:id:toyoshi:20120809154248p:plain
ADD STORYをクリック

f:id:toyoshi:20120809154339p:plain
最低限必要なのは2つだけです

  • TITLE
  • STORY TYPE
    • Feature…機能追加について
    • Bug…バグ、不具合報告
    • Chore…(あまり使いません)サーバのセットアップなどアプリケーションの価値に関係ないもの
    • Release…(あまり使いません)ストーリーを区切るための仕切りです

入力が終わったらsaveを押します。
作成されたストーリーがICEBOXの枠内にあれば完了です。

ICEBOXに入ったストーリーは開発者と相談して、どれから実装していくか決めます。
実装することが決まったらCURRENT(今やること)やBACKLOG(今後やること)に移動させます。

ストーリーを元に開発者が開発をします

開発は以下のように進めます。顧客がすることは最後にストーリーが正しく実装されているか確認するだけです。

見積り前の状態

f:id:toyoshi:20120809162254p:plain
まず最初にストーリーをポイントで見積ります。

開発開始

f:id:toyoshi:20120809162345p:plain
Startというボタンをクリックして、開発を始めます

開発完了

f:id:toyoshi:20120809162426p:plain
開発が完了したらFinishを押します

検収用環境にデプロイ

f:id:toyoshi:20120809162503p:plain
デプロイができ、顧客が確認できるようになったらDeliverを押します
Deliverボタンが押されると顧客(正確にはREQUESTER)に
「DELIVERED ({プロジェクト名}): {ストーリー名前}」
という件名のメールが送られます。

顧客による検収

f:id:toyoshi:20120809162621p:plain
顧客は要求どおり実装されているか確認します。
よければAccept、不十分であればRejectを押して、その理由を記述します。
Rejectされたストーリーは開発開始の状態に戻り、再度開発が行われます。
Acceptされたストーリーは緑色になります。

まとめ

顧客がする仕事は2つ

  • 要求がでてきたり、バグを見つけたらストーリーを作成する
  • 検収可能なストーリーがあったら、検収をして可否(Accept or Reject)を報告する