読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RICOH GRⅡを買ったら最高だった

RICOH デジタルカメラ GRII APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175840ってカメラを買った。

GRⅡはハイエンドコンデジと言われる部類のカメラで他にはSIGMAのdpシリーズや、SONYのRX1やFUJIのやつなどとよく比較される。

子供の入園式があるのだが以前使っていたRICOHのCX5が壊れたこともあり必要になったのだ。子供の写真をキレイに残したいという気持ちがあったので一眼レフなども検討したが、まずは使いやすいハイエンドコンデジを使ってみようということに。

結果最高だったので、もっと早く買っておけばよかった。

f:id:toyoshi:20160321081054j:plain

まず適当に外を撮ってみるとこんな感じ。よくわからないけどiPhoneに比べるとシャープに撮れているなあという感想。

f:id:toyoshi:20160321110951j:plain

次に外に出て花を撮ってみる。いきなりしっとりとした写真が撮れた。

f:id:toyoshi:20160321115107j:plain

ケンタッキーをミニチュアモードで撮る。

f:id:toyoshi:20160321123513j:plain

イオンの中をHDRで撮影

f:id:toyoshi:20160321131023j:plain

スタバの中でハイコントラスト白黒

f:id:toyoshi:20160321140538j:plain

景色をハイコントラスト白黒

f:id:toyoshi:20160321145558j:plain

近くの果物屋

f:id:toyoshi:20160321151112j:plain

近所の花

子供の写真も撮ってるけどやっぱりすごくキレイに撮れる。
きちんと写真のことを学んだり、いろんな構図を知りたいなと思えた。首からかけて「ビビッ」とまで来なくても「おっ」と思う場面があったらサッと撮る。そんな写真を撮る楽しさが湧いてくるカメラでした。

完全無欠コーヒー用に適したグラスフェッドバターなどのメモ

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

を読んで、バレットプルーフコーヒー(完全無欠コーヒー / バターコーヒー)を3週間ほど試しています。午前中お腹すくこともなく、集中力も高まって今のところいい調子です。面倒なのは結構な消費量のバターとMCTオイルの調達ですね。百貨店や成城石井などでも売っていないので通販で買う必要があります。今回は私がどんな材料と道具を使っているか紹介します。

MCTオイル

MCTオイルは日清のものを使っています。Amazonで買うのが安いようです。他に仙台勝山館のものも使っている人が多いです

日清 MCTオイル 450g

日清 MCTオイル 450g

グラスフェッドバター

グラスフェッドバターは入手が困難なため、本で推奨されているAOCまたはAOPのバターで代用しています。だいたい250gで1500円〜2000円というのが相場のようです。下記で紹介している2つはいずれも試したことがあり、どれも美味しかったです。

最初はブレスAOCバターや、エシレのバターを使ったこともありましたが入手が難しいですね。

先日コストコに行った時に「イズニー AOP無塩バター 500g」というのが売っていました。500gで約1700円というのはかなりお買い得です。

コーヒー豆

新鮮なものがあればいいので近くで焙煎しているところで買います。よくわからないと言うかたは軽井沢で良質な豆を焙煎している丸山珈琲さんなんかはどうでしょうか。本当はバターを入れて飲むなんてもったいないおいしさなんですが。新鮮さという点で信頼できると思います。

丸山珈琲 クラシック250g中挽き

Amazonなら小川珈琲さんもあります。

私の作り方

  1. コーヒー豆を手動のミルで挽いて、フレンチプレスで淹れる
  2. マグカップにバターとMCTオイルを大さじ1杯づついれる
  3. 撹拌する
  4. 飲む

ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム MSS-1B

ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム MSS-1B

ハリオ クリーマーゼット CZ-1

ハリオ クリーマーゼット CZ-1

クラウドソーシングを使ってWebサービスを作った話

私が(ほとんど)プログラムなしでクラウドソーシングを使ってWebサービスを作った話を紹介します。
以前「土日で作るWebサービス入門 - Misoca社長日記」という記事を書きましたが、今回書いたコードは20行ぐらいなので、さらに短い時間でWebサービス(というより便利サイト?)を作ることができました。

はじめに

私はWebサービスが好きで、会社を立ち上げて、請求管理サービスMisocaというのを運営しています。

サービスは順調にユーザー数を伸ばしていて嬉しいのですが、問題は私がコードを書かなくなったということです。Webサービスが好きで会社を立ち上げたのに、開発以外の仕事が忙しくてコードは他の人たちが書くようになってしまいました。

でもコードは書きたい!Webサービスを作りたい!でも仕事以外のことをしすぎて会社の成長が遅れてはだめだ。

そういった事情から、だったらせめてプログラムをせずに自分は手を動かさないでWebサービスを作ってみようとやってみたのが今回のチャレンジです。

結果として最後にとんでもない失敗をしたのですが、それも含めて面白い経験になりましたので本エントリで紹介します。

作ったもの

f:id:toyoshi:20150822002708p:plain

あなたと同じ誕生日の人の本

日付を選択すると、その日に生まれた小説家などの作品が表示されるというサービスです。

本屋さんが「バースデー文庫」という自分と同じ誕生日の著名人の本を紹介する企画をしていて、それをWebで実現できないかなということで考えました。

私は”Webサービスとは情報のフィルターである”と考えるようにしています。一手間かければできる一手間を代わりにやるのがWebサービスということです。

今回だと「自分と同じ誕生日の著名人」はWikipediaで調べられますし、その著名人が書いた本はAmazonで調べられます。しかしみなさんあまり調べたことはないんじゃないでしょうか。

そういうきっかけを与えるサービスになれば面白いと思って企画をしました。

なお、ここまで読んで「アフィリエイトで儲ける気か」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、Amazonへのリンクに私のアフィリエイトIDは設定されていません。(なぜかは最後に書いてあります)

今回のルール

今回は

  • できるだけ手を動かさない
  • 時間を使わない
  • 予算は3万円以内

というルールでやることにしました。特に私自身がプログラムを書いたり、サーバーをセットアップすることは禁止しました。

サービスリリースまでのステップ

企画

普通の開発だと、データベースに日付と、著名人、著名人の書籍名を保存しておいて、それをアプリケーションから呼び出して表示するとなるのですが、今回はそれはできません。また外注するようなお金もありません。

そこで普通のブログシステムで365日分のページを作ればいいんじゃないかと考えました。メンテナンス性や汎用性は非常に低いですがとにかく実現はできます。

環境の決定

今回は「はてなブログ」のシステム上でできることだけでやることにしました。複数人での更新や、広告削除などができることを知っていたり、自分自身が慣れているからです。

はてなブログを採用することで、サーバーの準備、サーバーの保守体制、コンテンツ管理システムの開発などが不要になります。これはすごいですね。

記事作成をクラウドソーシングで依頼

記事の作成はクラウドソーシングで依頼することにしました。1記事を50円で作ってもらう形での依頼です。

作業はマニュアル化されており、文章を考えたりする必要はなく、1記事10分程度で終わる内容なので一般的な内職に比べるとかなり高いせいか、結構応募がありました。

クラウドソーシングで専門家を買いたたくのには抵抗がありますが、クラウドソーシングがこういう子育ての合間にできるような細かい仕事でを生み出しているのは面白いと思います。

今回はWikipediaで誕生日の調査、本のピックアップ、はてなブログでの記事作成までを1人の方に依頼しました。

依頼と作業者の決定

依頼は「文学に詳しい人」という条件と、試験として10月5日 - Wikipediaから著名人を3人選んでくださいというお題もつけて募集しました。

何人かの中から、文学好きで10月5日からスティーブ・ジョブズを選んでくれた人(ただの私の好み)に依頼することにしました。

マニュアルに従って作業開始

作業は当然リモートで行ってもらいます。はてなアカウントを作ってもらい(これが後から大失敗につながる)作業をしてもらいました。
事前に私自身が2,3ページ作ってみて、作業マニュアルを作りました。

f:id:toyoshi:20150822013012p:plain

こんな感じのマニュアルです。

f:id:toyoshi:20150822013046p:plain

誰でもできるようかなり細かく指示がしてあります。
とくに「著名人のピックアップルール」については迷わずできるように注意しました。
これで、発注先に数件作ってもらい、こちらのイメージ通りできているのを確認して366日分のページ作成に入ってもらいました。

こちらが手を動かすところ

  1. ブログのテーマを「The Letter - テーマ ストア - はてなブログ」に変更
  2. 背景画像をフリー素材に変更
  3. トップページに記事が出ないようにCSSを書き換え
  4. 日付を入れるとその日の記事にジャンプするJavascriptのコードを書いた(20行ぐらい?)

全部で1時間で終わりました。

完成

はてなブログでやるメリット

やってみてわかったのですが、独自ドメインを設定していないせいかSEOに強いです。サイト公開時からそれなりにアクセスがあって驚きました。

かかった費用

記事は依頼して1ヶ月ぐらいで1年分をそろえてくれました。

最大にして致命的な失敗

当然お気づきだと思うのですが、このサイトはAmazonアフィリエイトで売り上げを立てようという狙いでした。
しかしサイト公開直後から、アクセスは増えていくのに全然注文につながらない。
なんか変だと思って調べてみると、なんとアフィリエイトコードのコードが全部「はてな」のものになっているじゃないですか。

どうも「ブログメンバー」という仕組みで、記事を作ってもらったのですが、アフィリエイトコードはユーザーに紐付いたものが使われるようなのです。今回だとクラウドソーシングで依頼した人のコードが使われると言うことです。しかし依頼した人はアフィリエイトコードを設定していなかったので、初期設定である「はてな」のものになってしまったということです。

エクスポート&置換&インポートでうまくいくかと思ったのですが、記事の上書きはできないようで単に記事が倍になってしまいます。当分はそんな作業時間とれそうになく・・・いつかこれもクラウドソーシングで依頼しようと思います。

やってみてどうだったか

自分自身が使った時間が数時間で一応Webサービスと呼べるものが作れました。
単に記事を用意して、そこにリンクをするだけですが楽しかったです。
クラウドソーシングで依頼した人が私の代わりに記事を作成してくれるのも新しい感覚で、自分のブログが更新されていくのが毎日みていてわくわくしました。

今回ははてなブログを使いましたがクラウドソーシングを使えば、サーバーの設定や簡単なシステム構築も安価に依頼できます。今後さらに活用していけたらいいなと思いました。

birthday.hatenablog.com

アフィリエイトで2年かけて6,000円を回収した話

ざっくり言うと

  • 二年前に6,000円を投資して「おすすめのノート」について記事を書いた
  • 最近その記事からのアフィリエイト収益が6,000円を超えた
  • なんかうれしい

書いた記事

toyoshi.hatenablog.com

二年前にモレスキンのノートから切り替えるために、自腹でいろんなノートを試してみたという記事を書いた。
紙とペンは心地よいものを使いたいので書いていて楽しい記事だった。
今でも結構アクセスがあり
「用紙がつるつるのノート」
「万年筆に最適なノート」
「書きやすいノート」
なんかで検索されると嬉しいです。

今月ふと気になって、このページからどれぐらい売上がでているのだろうと調べてみた。

売れてたもの

  • ノート約200冊
  • その他文具など50点

売上合計としては約20万円、私のアフィリエイト収益は6,941円となっていた。

不動産経営みたい

当時6,000円ぐらいをこの記事のために使ったのだがそれを上回っている。
建てたマンションのローンを家賃収入で払い終えた気分だ。
今後の売上はすべて利益になる。

他のことにも応用できそうか?

じゃあ、これ凄い量産すればいいんじゃないと思ったけどどうだろうか?

f:id:toyoshi:20150729093605p:plain

この記事のアクセスは月間2,500 - 3,000PVぐらいだ。それほど多くはないが1日100PVだと思うと、少ないとも言えない。

  • 入れかわりの激しい商品でない
  • 単価が高くない(3Dプリンタ比較とかだときつそう)

だとうまくいきそうですね。

まとめ

  • うれしかった
  • いまはノートを使ってない。万年筆とMarumanのレポート用紙がベストだと思っている。LAMYのサファリの色が嫌だったのだが、今は白色があってオススメ。マルマンの紙もすごく書きやすくて好きだ。

マルマン A4 レポートパッド 無地 P143

マルマン A4 レポートパッド 無地 P143

LAMY サファリ ホワイト 万年筆(EF) スチールペン先 L19WT-EF 〔正規輸入品〕

LAMY サファリ ホワイト 万年筆(EF) スチールペン先 L19WT-EF 〔正規輸入品〕

「人生で大切なことは◯◯から学んだ」のまとめ

気になったのでAmazonで調べた。やっぱだいたいなんでも学べるよなー

すごい組織から学んでる

ディズニーランド

商売のポイントは、すべてディズニーに学んだ

リッツカールトン

社会人として大切なことはすべてリッツ・カールトンで学んだ

スポーツ・趣味

マラソン

人生で大切なことはすべてマラソンで学んだ!

オーケストラ

リーダーに必要なことはすべて「オーケストラ」で学んだ プロ指揮者の“最強チームマネジメント

茶席

人生に必要なことはすべて茶席に学んだ

ギャンブル

ギャンブル坊主がゆく 麻雀激闘記: 人生に必要なことは、すべてギャンブルで学んだ!?

スクリーン

人生はすべてスクリーンから学んだ (小学館文庫)

落語

人生で必要なことはすべて落語で学んだ (PHP文庫)

人生の歩き方はすべて旅から学んだ (PHP文庫)

人物

大切なことはすべて君が教えてくれた

ヘッセ

人生で大切なことはすべてヘッセが教えてくれた

意外なもの編

童話

仕事の答えは、すべて「童話」が教えてくれる。

食卓

大切なことはすべて食卓で学んだ

プラスドライバー

人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた

一見意外そうに見えるけどそうでもない編

幼稚園の砂場から

人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ (河出文庫)

映画

人生で大切なことはすべて映画で学んだ (PHP文庫)

ひねり

『巨人の星』に必要なことはすべて人生から学んだ。あ。逆だ。

すべてが物語のラストシーン 今お前らが知るべき詰め将棋の世界特集(1手詰編)

会社の人達の将棋リテラシーが低すぎて、普段どういう考えで生活をしているのか不安になったので1手詰の世界から紹介することにしました。

1手詰めの詰将棋の魅力

1手詰はその名の通り、こちらが1手指して終わりの詰め将棋なのでそもそも非常に簡単である。駒の動きさえわかれば楽しめます。
さらに1手詰ということで指すのは”とどめ”だけです。ゲームならボス戦、映画ならラストシーンだけを楽しみながらその前にあったであろう壮大な物語を想像して楽しめます。

1手詰の場合の基本ルール

1.攻め手は王手で詰める
2.正解手は1つ
3.玉方の持ち駒は残りのコマ全部
4.最後に攻め方の持ち駒が余ることはない
5.玉方は無駄な合駒はしない

実践

1手詰ハンドブック

1手詰ハンドブック

から出題します。

一騎打ち

f:id:toyoshi:20140917213118j:plain

玉の上に金を置くので頭金と言われる詰みです。RPGなら魔王の城の最後の部屋で勇者がエクスカリバーを振りかざす。ボクシングならぼろぼろになった主人公が右ストレートを放つ。そんなシーンが浮かびますね。

答えは:3二金

背後から

f:id:toyoshi:20140917213410j:plain

玉「馬鹿め・・・ワシを追い詰めたとおもったが攻撃が届かないではないか。」
金「くっ!」
玉「しょせん貴様らなど虫けら同然の存在。貴様を消した後、すぐに貴様の国もすぐに滅ぼしてやる」
金「なんてことを・・・・」
桂「ぎゃー!王様!」
玉「なにっ!どこにいたというのだ」
銀「またせたな」

かっこいいですねー!斜め後ろに動けるのは玉・角・銀だけです。しかもこの場合銀は金にも成れるのに銀のままの方が働くという。粋な駒です。

答えは2三銀不成

難攻不落

f:id:toyoshi:20140917213844j:plain

玉「ハハハ、我が魔王城には虫一匹入ることはできんわ」

f:id:toyoshi:20140917215117j:plain

答えは2三桂

打ち上げ花火

f:id:toyoshi:20140917215204j:plain

スーッと直進し、最後にボンッとなる様はジョジョならシアーハートアタック。もしくはダイ・ハード2のラストシーンを彷彿させます。


ダイ・ハード2:爆発 - YouTube

↑ 忙しい方は2:16当たりから

答えは2二香成

まさかの・・・

f:id:toyoshi:20140917220411j:plain

ヒント

f:id:toyoshi:20140917221348j:plain

歩しかいないと油断したら・・・
開き王手といわれるパターンです。実践でできるとちょっと気持ちが良いです。

答え:3一歩成

両方から

f:id:toyoshi:20140917215625j:plain

ヒント

f:id:toyoshi:20140917220131j:plain

f:id:toyoshi:20140917220140j:plain

f:id:toyoshi:20130104175735j:plain
http://www.njpw.co.jp/news/detail.php?nid=8896

答え:3二飛車成

飛車が移動することになり、角と龍(飛車)の開き王手の両王手になっています。これは強烈

まとめ

いかがでしたでしょうか。ラストシーンだけを楽しめる1手詰の魅力が少しでも伝わればと思います。詰将棋 - Wikipediaには他にも600手詰や、駒で模様を作る曲詰、全部のコマを使った詰め将棋など多彩なものが紹介されています。

興味をもった人はまず1手詰ハンドブックから試してみよう!

1手詰ハンドブック

1手詰ハンドブック

「CPUの創りかた」のTD4製作に必要な部品リスト

(旧ブログからの転載です)

先日作り終えた「CPUの創りかた」のTD4製作に必要な部品リストです。
今後作られる方の参考になればと思います。部品の値段だけみれば全部で10,000円以下ですが、1個ずつ買えるものばかりではないので、なんだかんだで20,000円ぐらいかかると思っておいたほうがよいと思います。

またお金に余裕のある方はブレッドボードでの製作をオススメします。製作時間を半分以下に短縮できるからです。

部品リスト

名前
必要個数
抵抗1/4W 100Ω 2
抵抗1/4W 1kΩ 10
抵抗1/4W 10kΩ 9
抵抗1/4W 100kΩ 4
抵抗1/4W 3.3kΩ 1
抵抗1/4W 33Ω 1
電解コンデンサ 10μF16V 2
無極性電解コンデンサ 10μF 16V 1
セラミックコンデンサ 0.1μF 12
ダイオードアレイ B1 technology D5-1C 16
LED赤 4
74HC10 1
74HC14 1
74HC32 1
74HC74 1
74HC153 2
74HC154 1
74HC161 4
74HC283 1
74HC540 1
上記IC用のICソケット(各サイズ)
基板 サンハヤト ICB-98GU 1
4連ディップスイッチ 1
8連ディップスイッチ 16
上記ディップスイッチ用ICソケット 17
押しスイッチ 2
切り替えスイッチ 2
DC5V安定化電源(秋月電子 GF12-US0520) 1
電源プラグ 1
リード線(AWG30) 1
<< オススメ品 >>
クロック確認用LED 1
アドレス確認用LED 4
基板のスペーサ 4

入手先

必要なものは、各種パーツ屋、秋月電子通商を利用しました。
またダイオードアレイのダイオードアレイ B1 technology D5-1Cはマイクロデバイス株式会社で買いました。