舞鶴港の北吸桟橋

海上自衛隊 舞鶴地方隊の北水桟橋で船を見てきた。

近づくといきなり日常風景に船が見えるのがよい

たくさんいる

無料だし親切。税金払っててよかった。

ヘリ空母「ひゅうが」でかい。上から見たい


でかい

でかい

でかい

迫力。強そう

ここの初代司令官はあの東郷 平八郎である。船は違えど、ここから同じ海を見て日本の命運について考えていたことを想像すると、自分の命にも何か役割があるのだろうかと熱いものがこみ上げてくる。

スタートアップ向け書籍リスト

相談を受けたりする時に本を紹介することが多いので、ここにまとめておく。
なぜこの本がおすすめなのかというのは後ほど追記していく

資金調達・資本政策

リーンスタートアップ

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

アントレプレナーの教科書[新装版]

アントレプレナーの教科書[新装版]

アンケート

目標達成

図解でわかる! 戦略実行読本

図解でわかる! 戦略実行読本

  • 作者: クリスマチェズニー,ショーンコヴィー,ジムヒューリング,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2014/05/31
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

ビジネスモデル

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

サービス設計

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

  • 作者: ニール・イヤール,ライアン・フーバー,Hooked翻訳チーム,金山裕樹,高橋雄介,山田案稜,TNB編集部
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

マーケティング・集客

B2Bマーケティング

blog.bot.vc

キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論

キャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論

集客手法の全体像を知る

トラクション ―スタートアップが顧客をつかむ19のチャネル

トラクション ―スタートアップが顧客をつかむ19のチャネル

ライティング

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

採用

1週間で会社が変わる!採用の教科書1~絶対失敗しない求人・採用・面接の仕方~

1週間で会社が変わる!採用の教科書1~絶対失敗しない求人・採用・面接の仕方~

ソフトウェア開発者採用ガイド

ソフトウェア開発者採用ガイド

ビジョン

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階

ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階

ビジョナリーカンパニー4 自分の意志で偉大になる

ビジョナリーカンパニー4 自分の意志で偉大になる

おまけ

プログラム好きで自信を持って生きてていいんだと思う本

会社を作る前にやってたこと

僕が作ってきたWebサービス追悼式 #NGK2012B

「資金調達ってどうでした?」という質問の回答

gigazine.net

大事なこと以外をやらない

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

Yコンビネーター(VC)を知らない人向け

Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール

Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール

#rebuildfm で紹介されていた「悪童日記」を読んだ

Rebuildリスナーにはお馴染みのNaoki Hiroshimaさん推薦の悪童日記 (ハヤカワepi文庫)を読んだ。
Naoki Hiroshimaさんはポッドキャスト内では「〇〇はゴミだね」という表現に代表されるように歯に衣着せぬ発言をすることが印象的な人だ。僕はそういうタイプではないので、そういう人の心に強く響く話ってのがどういうものなのか気になったのだ。

内容としては1エピソード4ページぐらいで日記のように綴られている構成だ。1エピソードが短いのでテンポが良くて読みやすい。そしてこの構成のおかげで数ページに一度は必ず事件が起こるので全然退屈しない。

トーリーは人が死んだり、騙したり、脅したりと残酷で、気持ちが悪い。途中も最後も後味が悪い。そして主人公たちは平気で悪事を働くが自分に厳しく、筋が通っておりそれが格好いい。
僕も10代の時に読んだのなら、主人公の真似をしてベルトで背中が真っ赤になるまで叩いたりしたかもしれない。

戦時中の話なので登場人物の個性が強くて強烈であるほどそれは当人の弱さの裏返しであるように感じた。そうでもしないと戦時下ではまともでいられないというような哀しさが伝わってくる。続編も読むのが楽しみだ。

リンク

Rebuild: 173: There Are No Gems, Only Stones (N) : https://rebuild.fm/173/ (この回で悪童日記が出てきます。)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

モアナと伝説の海を見てきた

4歳の娘とモアナと伝説の海を吹き替えで見てきた。
以下ネタバレありの感想

  • 小さいモアナの動きがすごくかわいい
  • 海水やモアナの髪の毛の表現が美しい
  • 村長が変わると島が1段高くなるっていう伝統がいいなと思った。
  • メインテーマを歌いながら海に出るシーンが気持ちが良い。エルサがLet it goを歌うところを思い出した。ただ、海に出る許可が出ていないのでエルサの時のような真の解放感のようなものがなかったのが残念。のちに海に出るの時も父親の許可は得ておらず気になった。
  • 大型船が滝の裏に隠されているという設定がワクワクした。祖先が海を渡ってきたシーンも壮大さにグッときた。
  • カカモラ(ココナッツのおばけ)のシーンも壮大でよかった。それだけに登場がこのシーンだけというのは寂しかった
  • モアナが航海術を学んでいくと同時にマウイとの絆を深めていくところのテンポがよかった
  • モアナが「なぜ自分が選ばれたのか」というのがもうちょっとちゃんと説明されてもよかったと思う。もしくは序盤のやり取りにからめて「自分が選ばれたかどうかは関係ない。自分がやりたいからやるんだ」という感じでもよかった。
  • マウイが一度離れていって戻ってくるが「なぜ」の説明が全くなかったのが引っかかった。ここで「逃げようとしたが、カカモラに麻酔針で撃ち落とされる。カカモラもココナッツが病気で困っていると知る。やっぱり頑張ろうとカカモラを引き連れて戻る。」みたいな展開でカカモラもしくはタマトアと共に戦うような展開とかがよかった。
  • 食料をちゃんと運んだりする割に食事のシーンが少なかった。個性を表現するのに(マウイのパワフルさとか)全体的に食事のシーンがもう少しあっていいのではないかと思った。
  • 鶏が単なるバカな役で気になった。オラフのように純粋すぎてバカな時もあるけど、それゆえに鋭い真実を突く時があるというようなひねりがないんだーというがっかり差があった。(緑の石が落ちそうな時に拾ったのはマウイが変身してるやつかと思ったりしたけど、単なる石が好きっていうことだけだったし)
  • エンディングのカニネタは30年ぐらい前の作品を見てないとわからないネタなのだが、普通のディズニーファンは知っているわけでさすがと思った。

SIGMA dp2 Quattroを買った

SIGMA dp2 Quattroというカメラを買った。中古で6万円。

dp2 Quattroを初めて知ったのは去年。子どもが幼稚園に入ったので「いいカメラ」を探して情報を集めていて下記の記事を読んだ時だ。

srdk.rakuten.jp

この記事を読むまでは「フルサイズ買えばいいのかな?」ぐらいにしか思ってなかったのだけど、それはやめてGR IIを買った。GR IIはすごくいいカメラでこの1年カメラが楽しかった。動きの速い子どもを撮るのは難しかったが、それでも数枚に1枚バシッときれいに撮れているのがとてもよかった。

その後、カメラが欲しい、レンズが欲しい、あれもこれも欲しい(上記記事を書いた方のブログ)を読んだり、CASE OF SIGMA | 実写インプレッションTOP | -photo.yodobashi.com-の写真がすばらしくて驚いたりするなかでdp Quattroが欲しくなってきて、今回の購入に至った。

dp0,1,2,3のなかで2にしたのはGR IIが28mmなので同じぐらいのdp1じゃないほうがいいな、でも0と3は初心者には難しそうだな。という消去法である。

1日持ち歩いた



Untitled by ryuichiro toyoshi on 500px.com


日陰の花のしっとりした感じがそのまま残せる。花びらの質感がいいですね。



SDIM by ryuichiro toyoshi on 500px.com


公園の多肉植物

拡大すると産毛が1本1本写っている。鉄の錆の部分も見たままだ。産毛が撮りたいわけではないが記録されてるとうれしい。

f:id:toyoshi:20170315084217j:plain

見上げて撮って見て、緑色ってこんなにあるんだなあと感じても楽しいし、

f:id:toyoshi:20170315083456j:plain

下に目を移して芝生の数を数えるのも楽しい。

f:id:toyoshi:20170315080821j:plain

子どもの髪の毛だって1本たりとも逃さない。

f:id:toyoshi:20170315094217j:plain

建物を撮ってみれば、バキッ!と本物より直線が美しい。これもオリジナル画像ではそれぞれの窓のブラインドの1本1本が数えられる。

感想

初日から「おおー」となるような写真がたくさん撮れて楽しかった。期待していたとおりのカメラで今はすごくたのしい。RAW現像をしたのは今回が初めてだったので今後いろいろ勉強しながら上達していきたい。
(はてなブログにアップすると少しボケるのでいいアップの方法もしりたい。)

京都行ってきた

晩飯のココイチのカレーを持ち帰りにするか、店内で食べていくかで議論した結果、面倒くさいから伊勢志摩に行くというようなことを妻が言い出したため「京都は?」と妥協案を出したところ採用された。
最近は慣れてきたが妻の家系は2時間ぐらいの移動をなんとも思っておらず本当に不思議だ。

まず駅で漬物丼と漬物の天ぷらがすごくうまい。食べてよかった。

f:id:toyoshi:20170321130442p:plain

写真映えはしないがこの白い飲み物も甘くてすごく美味しかった。

f:id:toyoshi:20170318192411j:plain

京つけもの 西利|The CUBE 京都駅ビル専門店街 : http://www.thecube.co.jp/shop/129

f:id:toyoshi:20170319094224j:plain
f:id:toyoshi:20170319095054j:plainf:id:toyoshi:20170319095407j:plainf:id:toyoshi:20170319095813j:plainf:id:toyoshi:20170319095845j:plain


カレーうどんも食べた。写真はチーズ三角きつねカレーうどん。カレーの出汁はもうすこしスパイシーな方が好みだが揚げが甘くてうまい。

f:id:toyoshi:20170319111430j:plain

おかる - 祇園四条/うどん [食べログ] : https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26001282/

その他に京都御所にも行った。ここにあるものは日本で最高のものが揃ってるかと思うと何を見ても楽しかった。