読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高専の良かったところについて

f:id:toyoshi:20160707140940j:plain
*天気が良かった最寄の駅


昨日、卒業して以来12年ぶりに母校の岐阜高専に行ってきました。お世話になった先生方に会えるということだったので、何かお礼伝えるなら何がいいかと考えました。その中で思い浮かんが高専って良かったなあということについて書きます。
以下、高専と書いた時には”僕の思い出の岐阜高専”のことを指します。

先生が高専生を好きだった

高専には基本的に高専生を好きな先生ばかりでした。(*ただし専門外の国語、英語、美術の先生方は高専生を憎んでいた)

そのためどれだけ怒られても、謝れば「しょうがないな」と許してくれる安心感がいつもありました。
悪いことをすると怒られるというよりは「つまらないことをするなあ」と言われることが印象に残ってます。小さないたずらより、もっと大きなこと、面白いことをやれという期待を感じました。

年間30回の実験とレポートが厳しかった

高専では毎週実験とレポートの提出というのがありました。
印象に残っているのはレポートの方で、こちらは仮説、実験内容、実験結果、考察という内容でまとめるのが決まりでした。
レポートは適当に書くと必ず再提出になります。私の再提出の理由で多かったのは実験結果と考察がごっちゃになっている場合でした。文章でいうなら事実と意見を混ぜるなということでしょう。
今でこそ当たり前のことに思えますが、当時はよくわかっていませんでした。しかし何度も赤ペンが入れられ、再提出をすることでその意味と大切さがわかってきました。
「仮説を立てて実験をし、結果を分析して、振り返る」
この当たり前のプロセスが体に染み付いたことは今の仕事にすごく役立っています。

よくなかったところ

中退する人、留年する人が結構いる。(最近は少ないらしい)楽しかったというのは生存者バイアスだと思う。寮の生活は大変そうだなあとか、40人で5年間の学校生活は異常だよなとか、全然彼女ができないよなとかってのはある。

まとめ

幼稚園、小学校、中学校とどうも集団生活に馴染めなくて、周りの人と自分はなんか違うなと思っていた僕が初めてしっくりきたのがあの時の岐阜高専でした。僕は高専にいる間は普通の生徒のように感じれました。自分自身は何てつまらなくて頭の悪い人間なんだと思えたのはとても良い経験でした。

1ヶ月間ジョギングを続けた

f:id:toyoshi:20160705220635p:plain

仕事が忙しかったのでストレス解消には走ったほうがいいなと思った。以前から月に何度かは走っていたがさぼり気味だったので1ヶ月走ることにチャレンジした。

ルール

  • 1ヶ月とにかく続けることを優先する
  • 疲れが抜けないといけないので1回の距離は5km、週に1日は休む
  • 雨天決行

結果

達成できた。

工夫したこと

今回1ヶ月継続するために通常のランニングから幾つかの工夫を加えた。結果良い方向に働いたと思う。

周囲に宣言する

僕にとってはこのチャレンジは簡単ではないので周囲に宣言をすることにした。
具体的には妻に「30日走り続けようと思うのだけど、できると思う?」と聞いた。妻は「え?できるんじゃないの?」と大したチャレンジとは思ってないようだった。しかしとにかく出来なかったら恥ずかしいという状況を作れた。

準備を簡単にする

朝起きるだけでもちょっと面倒なのに、走るとなるとかなりの意思力が必要になる。そこで朝起きるということさえ頑張れたら後はストレスや気になることを最小限にして走り始められるように工夫した。

特に装備について以前はシャツ、ズボン、パンツ、靴下、ウエストポーチ、シューズ、スマホというのだったがこれを変えた。数を減らしシャツ、インナー付きズボン、シューズ、スマホだけにした。

シャツ&インナー付きズボン
毎日走ると洗濯物が増えるのが嫌なので靴下なしで走るようにした。ついでにパンツも入らないようにインナー付きのいわゆるランパンにした。ランパンにはチャック付きのポケットが腰のところについているのでポーチが不要になった。(スマホが入るのは後から気がついた)

シャツも速乾性のものにしたので走った後に手洗いするだけで昼には乾くようになった。月〜金は手洗いで土曜日は洗濯機というローテーションにすることですごく楽になった。
インナー付きのランパンはもっと早く導入すべきだった。ベタベタのパンツとさよならできてすごく快適だ。

[asin:B01B5ME6EM:detail]

シューズ
ビブラムファイブフィンガーズもしくは自作のサンダル(ワラーチ)で走っていた。驚かれることが多いが飛脚の人は足袋で走ってたので同じようなものだと思うと別に不思議ではない。靴下がなくても違和感なく走れるというのがメリットだ。

[ビブラム] Vibram FiveFingers KMD SPORT LS 14M360241 Black/Silver/Grey(Black/Silver/Grey/M41)

[ビブラム] Vibram FiveFingers KMD SPORT LS 14M360241 Black/Silver/Grey(Black/Silver/Grey/M41)

これらの準備のおかげで起きて30秒以内に外に走りに行ける体制が整った。

早寝して朝走る

夜は疲れてたり予定が入ったりするので朝走ることに決めた。そのため早寝した。飲み会があるときは「明日5時から走るんですよ」と言って飲む量を減らした。
また、目覚まし時計は寝室の外に置くようにした。

辛い時は極限までスピードを落とす

週の後半などは疲れがたまって辛かったが、歩くより遅いぐらいにスピードを調整して乗り切った。距離が伸び悩んでいる人には遅く長く走るのおすすめ

辛い時は音楽やポッドキャストを聞く

気持ちが乗らないときはポッドキャストを聞いていた。あとAmazonのオーディブルと言うのも良かった。本の朗読や落語などが聞ける。1ヶ月お試し無料なので試してみる価値あり。(僕は聞かないことのほうが多いのでやめました)

得られたもの

活力が湧き、集中力が増した気がする

朝走っていたので朝から頭が良く働いた。少し疲れているということもあり逆に一つ一つの仕事に集中&真剣になれた。

お腹がすいてご飯が美味しい

普段小食なのだけど、走るとお肉が食べたくなる。

便秘が治る

便秘にもいい

まとめ

一番の成果は今まで敬遠してきたランパン入門ができたことだ。洗濯物が減るというのは本当に気持ちがいい。また、タイムも徐々に良くなっていくのが楽しかった。チャレンジして良かった。

お勧め書籍

ビブラムファイブフィンガーズや自作のサンダルで走ることに興味のある人はこちらの本をぜひ

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

村上春樹が好きな人はこちらをぜひ

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

アラン・シリトーが好きな人はこちらをぜひ

ErgoDox EZを買った

ergodox-ez.com


セパレートタイプのキーボードを探していたところErogoDoxというオープンソースのキーボードを知った。
ただ、自分で組み立てたりするのは面倒だったので完成品のErgoDox EZというのを買った。
使用したレビューは数ヶ月後に書くとして、ファーストインプレッションを残しておく

納期

注文したのが5月25日で6月1日に届いたので1週間ぐらいで届く。

一番軽い白のスイッチを購入した。打鍵感はよいがそれなりに音はする。FILCOとかよりは静かだけど強く押せばそれなりに大きな音が出る感じはする。

開封の様子

f:id:toyoshi:20160605114447p:plain
結構デカイ箱で届く。

f:id:toyoshi:20160605114516p:plain
1300円の税金が取られる

f:id:toyoshi:20160605114833j:plain
おしゃれな箱

f:id:toyoshi:20160605114854j:plain
中もしっかりしていて高いキーボードを買った感じが演出される

f:id:toyoshi:20160605114937j:plain
置いてみるとこんな感じ。結構デカイ
あと標準で付いてくる線がまあまあ長い。左右をつなぐ線が約1m、本体とつなぐUSBもそれぐらいあって結構邪魔だ。
ちなみにUSBは右側からしか出ていない。

f:id:toyoshi:20160605114956j:plain
左右をつなぐ線はこういうやつ。なんなのかはわからない

f:id:toyoshi:20160605115114j:plain
ホームポジションに手を置くとこんな感じ

f:id:toyoshi:20160605115130j:plain
私の手は思いっきりパーにした状態で親指の先から小指の先が22cmぐらいの大きさ。日本人としては決して小さくないはずだが一番内側のキーボードなどは全く押せない。

リアルフォースを2台買った方が安い

パームレスト付きで本体が$295、日本への送料が$30、税金が1,300円だったので1ドル110円換算で37,000円ぐらい掛かってる。高い。
これならリアルフォースの安いのを2台買った方が安い。
自由なカスタマイズや、オープンソースであることを重視しないのであれば真面目にリアルフォースの二台使いは検討すべきだろう。

東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK

東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK

RICOH GRⅡを買ったら最高だった

RICOH デジタルカメラ GRII APS-CサイズCMOSセンサー ローパスフィルタレス 175840ってカメラを買った。

GRⅡはハイエンドコンデジと言われる部類のカメラで他にはSIGMAのdpシリーズや、SONYのRX1やFUJIのやつなどとよく比較される。

子供の入園式があるのだが以前使っていたRICOHのCX5が壊れたこともあり必要になったのだ。子供の写真をキレイに残したいという気持ちがあったので一眼レフなども検討したが、まずは使いやすいハイエンドコンデジを使ってみようということに。

結果最高だったので、もっと早く買っておけばよかった。

f:id:toyoshi:20160321081054j:plain

まず適当に外を撮ってみるとこんな感じ。よくわからないけどiPhoneに比べるとシャープに撮れているなあという感想。

f:id:toyoshi:20160321110951j:plain

次に外に出て花を撮ってみる。いきなりしっとりとした写真が撮れた。

f:id:toyoshi:20160321115107j:plain

ケンタッキーをミニチュアモードで撮る。

f:id:toyoshi:20160321123513j:plain

イオンの中をHDRで撮影

f:id:toyoshi:20160321131023j:plain

スタバの中でハイコントラスト白黒

f:id:toyoshi:20160321140538j:plain

景色をハイコントラスト白黒

f:id:toyoshi:20160321145558j:plain

近くの果物屋

f:id:toyoshi:20160321151112j:plain

近所の花

子供の写真も撮ってるけどやっぱりすごくキレイに撮れる。
きちんと写真のことを学んだり、いろんな構図を知りたいなと思えた。首からかけて「ビビッ」とまで来なくても「おっ」と思う場面があったらサッと撮る。そんな写真を撮る楽しさが湧いてくるカメラでした。

完全無欠コーヒー用に適したグラスフェッドバターなどのメモ

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

を読んで、バレットプルーフコーヒー(完全無欠コーヒー / バターコーヒー)を3週間ほど試しています。午前中お腹すくこともなく、集中力も高まって今のところいい調子です。面倒なのは結構な消費量のバターとMCTオイルの調達ですね。百貨店や成城石井などでも売っていないので通販で買う必要があります。今回は私がどんな材料と道具を使っているか紹介します。

MCTオイル

MCTオイルは日清のものを使っています。Amazonで買うのが安いようです。他に仙台勝山館のものも使っている人が多いです

日清 MCTオイル 450g

日清 MCTオイル 450g

グラスフェッドバター

グラスフェッドバターは入手が困難なため、本で推奨されているAOCまたはAOPのバターで代用しています。だいたい250gで1500円〜2000円というのが相場のようです。下記で紹介している2つはいずれも試したことがあり、どれも美味しかったです。

最初はブレスAOCバターや、エシレのバターを使ったこともありましたが入手が難しいですね。

先日コストコに行った時に「イズニー AOP無塩バター 500g」というのが売っていました。500gで約1700円というのはかなりお買い得です。

コーヒー豆

新鮮なものがあればいいので近くで焙煎しているところで買います。よくわからないと言うかたは軽井沢で良質な豆を焙煎している丸山珈琲さんなんかはどうでしょうか。本当はバターを入れて飲むなんてもったいないおいしさなんですが。新鮮さという点で信頼できると思います。

丸山珈琲 クラシック250g中挽き

Amazonなら小川珈琲さんもあります。

私の作り方

  1. コーヒー豆を手動のミルで挽いて、フレンチプレスで淹れる
  2. マグカップにバターとMCTオイルを大さじ1杯づついれる
  3. 撹拌する
  4. 飲む

ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム MSS-1B

ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム MSS-1B

ハリオ クリーマーゼット CZ-1

ハリオ クリーマーゼット CZ-1

クラウドソーシングを使ってWebサービスを作った話

私が(ほとんど)プログラムなしでクラウドソーシングを使ってWebサービスを作った話を紹介します。
以前「土日で作るWebサービス入門 - Misoca社長日記」という記事を書きましたが、今回書いたコードは20行ぐらいなので、さらに短い時間でWebサービス(というより便利サイト?)を作ることができました。

はじめに

私はWebサービスが好きで、会社を立ち上げて、請求管理サービスMisocaというのを運営しています。

サービスは順調にユーザー数を伸ばしていて嬉しいのですが、問題は私がコードを書かなくなったということです。Webサービスが好きで会社を立ち上げたのに、開発以外の仕事が忙しくてコードは他の人たちが書くようになってしまいました。

でもコードは書きたい!Webサービスを作りたい!でも仕事以外のことをしすぎて会社の成長が遅れてはだめだ。

そういった事情から、だったらせめてプログラムをせずに自分は手を動かさないでWebサービスを作ってみようとやってみたのが今回のチャレンジです。

結果として最後にとんでもない失敗をしたのですが、それも含めて面白い経験になりましたので本エントリで紹介します。

作ったもの

f:id:toyoshi:20150822002708p:plain

あなたと同じ誕生日の人の本

日付を選択すると、その日に生まれた小説家などの作品が表示されるというサービスです。

本屋さんが「バースデー文庫」という自分と同じ誕生日の著名人の本を紹介する企画をしていて、それをWebで実現できないかなということで考えました。

私は”Webサービスとは情報のフィルターである”と考えるようにしています。一手間かければできる一手間を代わりにやるのがWebサービスということです。

今回だと「自分と同じ誕生日の著名人」はWikipediaで調べられますし、その著名人が書いた本はAmazonで調べられます。しかしみなさんあまり調べたことはないんじゃないでしょうか。

そういうきっかけを与えるサービスになれば面白いと思って企画をしました。

なお、ここまで読んで「アフィリエイトで儲ける気か」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、Amazonへのリンクに私のアフィリエイトIDは設定されていません。(なぜかは最後に書いてあります)

今回のルール

今回は

  • できるだけ手を動かさない
  • 時間を使わない
  • 予算は3万円以内

というルールでやることにしました。特に私自身がプログラムを書いたり、サーバーをセットアップすることは禁止しました。

サービスリリースまでのステップ

企画

普通の開発だと、データベースに日付と、著名人、著名人の書籍名を保存しておいて、それをアプリケーションから呼び出して表示するとなるのですが、今回はそれはできません。また外注するようなお金もありません。

そこで普通のブログシステムで365日分のページを作ればいいんじゃないかと考えました。メンテナンス性や汎用性は非常に低いですがとにかく実現はできます。

環境の決定

今回は「はてなブログ」のシステム上でできることだけでやることにしました。複数人での更新や、広告削除などができることを知っていたり、自分自身が慣れているからです。

はてなブログを採用することで、サーバーの準備、サーバーの保守体制、コンテンツ管理システムの開発などが不要になります。これはすごいですね。

記事作成をクラウドソーシングで依頼

記事の作成はクラウドソーシングで依頼することにしました。1記事を50円で作ってもらう形での依頼です。

作業はマニュアル化されており、文章を考えたりする必要はなく、1記事10分程度で終わる内容なので一般的な内職に比べるとかなり高いせいか、結構応募がありました。

クラウドソーシングで専門家を買いたたくのには抵抗がありますが、クラウドソーシングがこういう子育ての合間にできるような細かい仕事でを生み出しているのは面白いと思います。

今回はWikipediaで誕生日の調査、本のピックアップ、はてなブログでの記事作成までを1人の方に依頼しました。

依頼と作業者の決定

依頼は「文学に詳しい人」という条件と、試験として10月5日 - Wikipediaから著名人を3人選んでくださいというお題もつけて募集しました。

何人かの中から、文学好きで10月5日からスティーブ・ジョブズを選んでくれた人(ただの私の好み)に依頼することにしました。

マニュアルに従って作業開始

作業は当然リモートで行ってもらいます。はてなアカウントを作ってもらい(これが後から大失敗につながる)作業をしてもらいました。
事前に私自身が2,3ページ作ってみて、作業マニュアルを作りました。

f:id:toyoshi:20150822013012p:plain

こんな感じのマニュアルです。

f:id:toyoshi:20150822013046p:plain

誰でもできるようかなり細かく指示がしてあります。
とくに「著名人のピックアップルール」については迷わずできるように注意しました。
これで、発注先に数件作ってもらい、こちらのイメージ通りできているのを確認して366日分のページ作成に入ってもらいました。

こちらが手を動かすところ

  1. ブログのテーマを「The Letter - テーマ ストア - はてなブログ」に変更
  2. 背景画像をフリー素材に変更
  3. トップページに記事が出ないようにCSSを書き換え
  4. 日付を入れるとその日の記事にジャンプするJavascriptのコードを書いた(20行ぐらい?)

全部で1時間で終わりました。

完成

はてなブログでやるメリット

やってみてわかったのですが、独自ドメインを設定していないせいかSEOに強いです。サイト公開時からそれなりにアクセスがあって驚きました。

かかった費用

記事は依頼して1ヶ月ぐらいで1年分をそろえてくれました。

最大にして致命的な失敗

当然お気づきだと思うのですが、このサイトはAmazonアフィリエイトで売り上げを立てようという狙いでした。
しかしサイト公開直後から、アクセスは増えていくのに全然注文につながらない。
なんか変だと思って調べてみると、なんとアフィリエイトコードのコードが全部「はてな」のものになっているじゃないですか。

どうも「ブログメンバー」という仕組みで、記事を作ってもらったのですが、アフィリエイトコードはユーザーに紐付いたものが使われるようなのです。今回だとクラウドソーシングで依頼した人のコードが使われると言うことです。しかし依頼した人はアフィリエイトコードを設定していなかったので、初期設定である「はてな」のものになってしまったということです。

エクスポート&置換&インポートでうまくいくかと思ったのですが、記事の上書きはできないようで単に記事が倍になってしまいます。当分はそんな作業時間とれそうになく・・・いつかこれもクラウドソーシングで依頼しようと思います。

やってみてどうだったか

自分自身が使った時間が数時間で一応Webサービスと呼べるものが作れました。
単に記事を用意して、そこにリンクをするだけですが楽しかったです。
クラウドソーシングで依頼した人が私の代わりに記事を作成してくれるのも新しい感覚で、自分のブログが更新されていくのが毎日みていてわくわくしました。

今回ははてなブログを使いましたがクラウドソーシングを使えば、サーバーの設定や簡単なシステム構築も安価に依頼できます。今後さらに活用していけたらいいなと思いました。

birthday.hatenablog.com